野鳥メモランダム


主に、ビデオでの野鳥撮影に関することを、自分の備忘録として記載しているブログです。youtubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/2010atmarkf/videos
by atmark-efu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 04月
2001年 04月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


休耕田の野鳥たち



炎天下、照りつける太陽を遮るものが何もない田園地帯を歩き回って、休耕田に渡ってくるシギ・チドリを撮りました。

★中地鷸(ChuJisigi):地鷸の仲間の識別は難しいですが、飛び立つときの声があまり濁ってない「クェッ」だったのもポイントかなと思います。

★雲雀鷸(HibariSigi):背中の白いV字模様は明確な識別点。足は黄色ですが、水の中では泥で汚れて黒く見えがちなので要注意。

★当年(Tounen):ヒバリシギに比べ、足、嘴がやや短かい。足の色は黒。

★計里(Keri):この鳥は他に似てる鳥がいないので間違うことはないと思います。飛ぶと白黒のコントラストが美しい。

★青足鷸(AoasiSigi):足は青というより、黄色みがかった灰色という感じ。嘴はやや上に反っています。体長35cm。

★胸黒(Munaguro):夏羽は大膳(Daizen)と似ていますが、胸黒は黒いベレー帽をかぶったような感じ。胸黒=24cm、大膳=29cm。

★鷹斑鷸(TakabuSigi):背中の白斑が大きい。白い明瞭な眉斑があります。

★磯鷸(IsoSigi):体下面の白色部の一部が側胸に食い込んでいるのが特徴ですが、この個体は肩翼に隠れてよく見えません。お尻を絶えず上下に振っています。

★草鷸(KusaSigi):眉版が目までで止まっています。背中の白斑は鷹斑鷸に比べて細かい。
昔、VHSで撮ったことはありますが、ハイビジョンは初撮り。
[PR]

by atmark-efu | 2010-08-27 15:53 | 野鳥日記

干潟の野鳥たち



今まで、遙か彼方の豆つぶみたいなのしか撮ったことがなかった赤足鷸(AkaasiSigi)を、ようやく間近で撮れました。

赤足、という名前の割にはあんまり足が赤くないですね。京女鷸の方がもっと赤いです。もしかしてこれは若鳥なのでしょうか?

そのほかに、黄足鷸(KiasiSigi)、当年(Tounen)、京女鷸(KyoujoSigi)、青足鷸(AoasiSigi)、羽白小千鳥(HajiroKotidori)、反嘴鷸(SorihasiSigi)を載せています。
[PR]

by atmark-efu | 2010-08-24 01:20 | 野鳥日記

海鴉と花魁鳥



夏は鳥枯れの季節だし、今年は猛暑が続いているし・・・ということで、冷房の効いた水族館に海鳥を見に行ってきました。

葛西臨海水族館もベビービームで、海鳥の雛が見られました。

花魁鳥(etopirika)はまだ野生のは見たことのない鳥です。ここでは、いくつかの巣穴で子育て中で、その1つに観察カメラが設置してあり、モニター映像が一般公開されていました。

今年、天売島まで行って見られなかった海鴉(umigarasu)は、13日にヒナが巣立ったとのことで、そのカワイイ姿も生で見られました。
[PR]

by atmark-efu | 2010-08-17 02:26 | 野鳥日記