野鳥メモランダム


主に、ビデオでの野鳥撮影に関することを、自分の備忘録として記載しているブログです。youtubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/2010atmarkf/videos
by atmark-efu
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 04月
2001年 04月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


三脚ロボットが欲しい!

c0059002_1131079.jpg昔から、三脚ロボットが欲しいと思っていました。

一般に三脚の安定性と重量は反比例します。また滑らかな動きのビデオ雲台で、お、いいな!と思うやつはめちゃめちゃ重いです。このことはプロユースの、例えばザハトラーの三脚とかをちょっとでも使ってみたことがある人なら実感すると思います。

しかし、プロだったら、どんなに重くたって、三脚はたいていスタッフが運んでくれるでしょうが、アマチュアはそうはいきません。

以前、重い業務用肩載せカメラに、これまた重いビデオ三脚・・・合計20Kgくらいの荷物をかついで山道を1時間くらい歩いて野鳥撮影に行ったことがあります。

今だったらもう行く前から尻込みしますが、まだ若かったし、いい絵を撮るためには・・・ってことで頑張ったもんです。とは言え、やっぱりキツくて、「あ~・・・この三脚がカメラを載せたまま歩いてくれたらなぁ・・・」と思ったわけです。

最近のロボットの技術はどんどん進歩してますから、三脚ロボットもそんなに荒唐無稽な夢ではなくなってきたような気がします。

先日東京ビッグサイトで行われた「Good Design Presentation 2005」には4足歩行ロボットが何点か出展されていたようです。上の写真は、人を乗せたまま山道とかも歩ける4本足のロボットで、動物と同じ4足歩行と言うことで安定性が高いようです。

ここまで出来てるんなら、人の代わりに雲台とカメラを載せればいいわけですから、期待できますね。まぁ、カメラを載せるからって、3本足である必要もないわけだし・・・。だけど、値段はめちゃめちゃ高いだろうなぁ・・・。

c0059002_1574651.jpgあと、こんなのも出展されてたようですが、これは車輪が回る方式みたいですね。段差は乗り越えるみたいですが・・・やっぱり上の4足歩行式がいいな。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-31 02:02 | 撮影機材

広沢寺温泉に行く予定です

c0059002_1012953.jpg来月中旬に広沢寺温泉に行くことが決まりました。

ハイキングの帰りに立ち寄るので、天気が悪いと中止になるかも。・・・晴れて欲しいよなぁ。

まぁ、他にも近場で行きたい温泉とかがいっぱいあるんだけど、なかなか行けずにいます。あ、そうそう、横浜みなとみらい万葉倶楽部も割引券もらったのにまだ行ってません。早くいかなくちゃぁ・・・。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-28 10:06

デジカメでXGA動画

海外で発表されただけで、国内販売についてはまだ不明ですが、キヤノンからS80というデジカメが発売されるそうです。

http://www.dpreview.com/news/0508/05082205canons80.asp

このデジカメは1024×768ドットの動画が撮影出来るのが今までになかった特徴です(15fpsですけどね)。

パナソニックからはLX1という848×480ドットの横長画面で動画が撮れるデジカメが発売されましたが、S80はドット数でそれを大幅に上回っているわけです。

1024×768ドットって、ほぼハイビジョンに近いじゃないですか・・・。今はまだ15fpsですが、近い将来ハイビジョンサイズで30fpsの動画が撮れるようになるんじゃないでしょうか?

それと、メディアがSDカードだから2GBのを使っても多分10分程度しか撮れないとは思いますが、メディアはどんどん容量が大きくなってるし、価格も1年でほぼ半額になっていますから、長時間撮れるようになるのもそう遠くはないですよね。

コンパクトなサイズで、高画質な静止画が撮れる上にハイビジョンビデオも撮れるようになったら、野鳥撮影にはすんごい魅力的ですなぁ。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-25 18:44 | 撮影機材

キアシシギ

c0059002_13373155.jpgキアシシギは順光で撮ることが出来ました。

う~む、この写真ではキアシ=黄足・・・ってのが分かるかはちょっと微妙、ですかね・・・?
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-24 13:42 | 野鳥日記

ソリハシシギ

c0059002_1124132.jpg先日、アオバトを撮った海岸でソリハシシギを撮りました。

もともとシギチ類は判別が苦手な上、逆光で潰れ気味だったので(写真はレタッチあり)、友達と「イソシギ?」なんて言っていたら、近くにいたベテランの野鳥の会会員の方が「ソリハシシギだよ」と教えてくれました。

・・・なるほど、良く見たら嘴が上に反っている。

3羽いるうち、真ん中はキアシシギですが、逆光だし、この写真じゃ足の色は分かりませんね。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-23 11:34 | 野鳥日記

アオバト

c0059002_11153820.jpg初めてアオバトを見た(撮った)のは2003年6月、北海道・摩周湖の湖岸でした。

アオバトという鳩がいることは知っていましたが、←これがどうしても鳩には見えず、何だろう、何だろう・・・と地元の人などに聞きまくりましたが、結局その時は分からずじまい。

帰って来てから詳しい友人に聞いてアオバトであることが確認されました。

今見ても、体型がふっくらしているし、顔も丸くて首が短く、鳩らしくないですね。でも間違いなくアオバトです。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-22 11:24 | 野鳥日記

スナイパー?

c0059002_10201341.jpg
写真は今年使用してきたシステムの1つの実際の使用場面ですが、組み合わせは、コーワのスコープTSN604+VA2+PanaのDVC30です。これだと、最望遠は35mm換算で約7600mm相当になります。

もし、これにレノックスの2.2倍テレコンを付けた場合、1万6千mm超になりますが、このテレコンの性能はなかなか優秀なので、この組み合わせでも十分実用になります。

それにしても、この写真は殆どゴルゴ13の世界ですなぁ。(これは約200m先の対象を狙撃して(^^;;撮影しているところです)。

実は、この後方に枯れ枝などをたくさん立てかけてカモフラージュしてあります。すぐ近くを人が頻繁に通るのですがこちらには気づきません。ここで7~8回くらい撮影しましたが、一度も気づかれたことはありませんでした。・・・やっぱ、ゴルゴ13だぁ(^^;;
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-21 10:40 | 撮影機材

1250mmレフレックス

c0059002_12191612.jpg野鳥撮影用超々望遠システムの最新作です。

MEAD社製の天体望遠鏡・ETX90(有効径90mm、焦点距離1250mm、f13.8、マクストフカセグレン光学系)と、コーワのアダプターVA1、PanaのGS-400Kを繋いでみました。望遠鏡とVA1の繋ぎは、先日の500mmレフレックスの時と同様、ケンコーのCマウントアダプター(改)です。

これだと最望遠で35mm換算約1万3千mmくらいになります。

画質は、最望遠近辺ではやや落ちますが、10倍くらいまではなかなかいいです。ただし、6倍あたりでケラレが少し出ます。そして、3倍くらいより広角はケラレで全く使えません。また、500mmの時と同様、カメラの絞りがしぼり込まれるような明るい場所だと中央部にミラーの影が出ますが、シャッタースピードを上げて絞りを開放にしてやるとそれが消えます。

画像はこれも逆像(180度回転した像)になります。500mmはカメラ用レンズでしたが、これは望遠鏡で光路長が長いためプリズムを入れて正立像に出来るかも知れません。例えば、望遠鏡メーカーのBORGからこんな地上プリズムが発売されてるので、うまく組みあわせると使えるかも。ま、レフレックスでも使えるかどうか、メーカーとか、詳しい人に聞いてみないとわかりませんけどね。

c0059002_13102242.jpgファインダーの画像を回転させるものとして、上記のBORGから「正立液晶ビュアー」が発売されています。だけど、やたら長いですね。それとこれはデジカメ用に作られたものなので、GS-400Kの3.5インチ液晶には使えなさそうです。

やっぱり、ルーペを使って手作りしたものを使うか、外付けのモニターを使うか、ですね。外付けモニターの問題は、本体が重い上、バッテリーが長持ちしないから大量の予備を持って行く必要があること。あと、カメラの機種によっては撮影情報が表示されない場合がありますね。

このシステム自体もけっこう重いし、実際にこんな超々望遠を必要とするケースがあるかどうか考えると、あまり実用的ではないですね。(もし、そういうケースがあったとしても、1万数千mmを実現する方法がほかにもないわけじゃないし・・・)。

ただ、見た目がごついのでハッタリはききますね(笑) これに更にフードを付けたら一眼レフに600mmクラスのレンズを付けたカメラマンと並んでも見た目じゃ負けません(^^;;
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-20 13:12 | 撮影機材

アオバト

c0059002_1962398.jpgアオバトを撮りました。

アオバトは、磯の岩の窪みに溜まった海水を飲みに山から群れでやってきます。高波にさらわれて命を落とすこともあるようですが、何故、そんな危険を冒してまで海水を飲むのか・・・謎です。

ミネラル補給のためとか言われてますけど、それなら他の野鳥はどうして海水を飲まないの?・・・って当然の疑問が起きますよね。・・・やっぱり謎です。

あと、磯はあちこちにあるのにどうしてここだけ圧倒的に数が多いのかも謎ですけどね。ちなみにアオバトは神奈川県の天然記念物に指定されています。

海水を飲んでる場面の動画はこちら
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-19 19:21 | 野鳥日記

ハヤブサ・・・いにしえの映像

c0059002_1334625.jpg今から21年前、1984年2月に撮影した、ハヤブサの映像です。当時のVTRはVHS方式で、肩からぶら下げるポータブルタイプのデッキにビデオカメラをケーブルで繋いで撮っていました。

カメラは6倍ズームで、これに4倍のテレコンを付けて撮ったのがこの映像です(テレコンは5万円くらいしましたね)。

画面中央下部に濃い緑のにじみのようなものが見えますが、撮像管(ビジコン)が強い光の入射で焼き付いたものです。この時は軽度の焼き付きだったので、時間とともに薄くなりましたが。

c0059002_242132.jpgそれから約1年経った1985年1月に、ハヤブサがハトを捕まえて運ぶところと、それを岩だなで食べるシーンの撮影に初めて成功しました。

カメラは買い換えてサチコン管の肩のせ式でしたが、VTRは相変わらずセパレートタイプでした。
c0059002_245277.jpgこの時はすごく感動しましたね。これがきっかけで、野鳥撮影にのめり込むことになりました。

当時のVHSビデオの画質はめちゃめちゃ悪いですが、今となっては貴重なこの映像を見ていると、画質の悪さなんて全く気になりません。

それよりもビデスコが今みたいに簡単に実現出来てたらどんなに良かっただろう・・・とは思いますけどね・・・。
[PR]

by atmark-efu | 2005-08-16 02:07 | 野鳥日記