野鳥メモランダム


主に、ビデオでの野鳥撮影に関することを、自分の備忘録として記載しているブログです。youtubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/2010atmarkf/videos
by atmark-efu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 04月
2001年 04月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル

カテゴリ:撮影機材( 39 )


場所説明専用ドットサイト

c0059002_08513157.jpg
鳥を見つけた人に場所を聞いても説明のヘタな人が結構多い。

例えば、枝がいっぱい混んだ中に鳥がいるのに「枝の中!」としか言わない人がよくいる。「どの枝なんだよ?」と聞いても
たいていそれ以上の説明がない。

また、こっちが先に見つけたケースで、目標がなくて教えるのに困ることもよくある。

例えば、河原に同じような色・形・大きさの石がゴロゴロしてる中に、これまた石と紛らわしい色の鳥がいたりすると説明のしようがない。

遠くに何か目印となるものがあれば「それを手前に引いて来た延長線上」などと説明できるが、
それもないことがあるし、石と保護色になってる鳥だとその説明でもなかなかわからない。

そんな時に役立つ「場所説明専用ドットサイト」。三脚の脚部とかに装着してドットを対象に合わせればOK。


自分のカメラに付いてるドットサイトで説明してもいいわけだが、他人が覗いてる間は撮影できないから、
シャッターチャンスを逃すことがある。
特に複数の人が交代で覗きに来るときはそういう危険性が高まる。

だから、あらかじめ自分用とは別にこの「場所説明専用ドットサイト」を三脚の脚部等に取り付けておくとよい。

また、「ドットサイト」と言っても意味が通じない人がいて、カメラのファインダーを覗く人がいる。女性に多いけどね。
先日も、何度「そこじゃなくてドットサイト!」と言ってもファインダーを覗くので「こっち、こっち、こっちだってば」と指さしながら
怒鳴りつけてしまった(^^;;

近所の遊水池では遊歩道沿いの柵に取り付けて説明している。
「これ見て!」のひとことですぐに100%伝わる。

お互いのシアワセのために、これ普及させたいね

[PR]

by atmark-efu | 2017-07-16 09:04 | 撮影機材

7D MarkⅡ発表!

キヤノンが「EOS 7D Mark II」をようやく発表!
c0059002_0461384.jpg

ほぼウワサ通りのスペックですね。日本円で20万円弱?

アメリカでは1799ドルで11月に発売される。EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM とのキットは2149ドル。日本は不明。

EOS 7D Mark II のスペック
センサーは有効20MP APS-C CMOS
デュアルDIGIC6
ISO100-16000(拡張51200)
AF測距点は65点
3インチ104万ドット液晶モニタ
ファインダーはペンタプリズム、視野率100%、倍率1倍
シャッタースピードは30秒-1/8000秒
フラッシュ内蔵
シンクロ速度は1/250秒
連写は10.0コマ/秒
動画は1920 x 1080 60p、ステレオ
MOV、MP4、IPB、Light IPB、ALL-I圧縮
メディアはコンパクトフラッシュ(CF)+SD/SDHC/SDXC
HDMI端子、マイク端子、ヘッドホン端子、リモート・コントロール端子
防塵防滴
バッテリーはLP-E6N
バッテリライフは670枚(CIPA)
重さ910グラム(バッテリー含む)
大きさは149x112x78mm
GPS内蔵
方向センサー内蔵

http://digicame-info.com/2014/09/eos-7d-mark-ii-20.html#more
[PR]

by atmark-efu | 2014-09-16 00:50 | 撮影機材

長いっ!

c0059002_1013876.jpg

キヤノン純正70-300mm(Lじゃない方、中古)を買ったので、ステップダウン介してオリの1.7倍フロントテレコンを付けてみた。

このテレコン、STYLUS1との組み合わせで、画質がいいと評価は高い。友人T氏もその組み合わせで買った。

しかし、70Dとの組み合わせでは最望遠にした時にAFが盛大に迷う(正確には迷うことが多い。スパッと決まることもたまにある)。テレコンが280gと重いので、レンズにかなり負荷がかかってるせいだよね・・・。

c0059002_1016451.jpg

この辺の位置ならAFが確実に働くようだ。250mmとして×1.7=425mm。まぁ、100-400代替のお散歩カメラ用としては十分。というか、純正のリヤテレコンが使えない(レンス後部が出っ張っている)し、仮に付けられるリヤテレコンがあってもF8.0となってAFが働かないから、もうこの選択しかないでしょ?

いや、ミラーレスがあるでしょ?というご意見もあるでしょうが、飛びモノは光学ファインダー+位相差AFに限りますぜ、お客さん。

あと、なんと言ってもこの組み合わせで2kgを切るのは、年寄りには有り難い。

画質の検証はもう少し涼しくなってから。
[PR]

by atmark-efu | 2014-08-19 10:29 | 撮影機材

手製フラッシュサイト

c0059002_13391130.jpg

照星は蛍光色のテグス、照門は×型の傷をつけた薄い透明アクリル板。
まぁ、例によって加工は雑ですが、実用にはなるでしょう。
ドットサイトにトラブルがあった場合に備えてのスペア。
[PR]

by atmark-efu | 2014-07-01 13:44 | 撮影機材

無電源+ソーラー、ハイブリッドドットサイト

c0059002_21281525.jpg

もう少し小型化したいなぁ・・・。
[PR]

by atmark-efu | 2014-05-28 21:30 | 撮影機材

スコープも持ってく時は・・・

ちょっと大きめザックにこんな手作り仕切りケースで。
材料はジョイントマット、100均で2枚105円。
某ブログからパクったアイデアw
c0059002_16244776.jpg
[PR]

by atmark-efu | 2014-02-14 16:27 | 撮影機材

amazonオリジナル・カメラザック

何しろ低価格。2270円だったので思わずポチッ。しかし品物が届くまでの間に200円以上値下がりしてしまった(^^;; 
http://www.amazon.co.jp/dp/B002VPE1WK/ref=pe_492632_159100282_TE_item

ま、しかし、2270円でも十分安い。ちょっと小さめだけど、散歩がてら近所で撮るには十分。
c0059002_1316360.jpg
EOS 70D,100-400レンズ,GH2,双眼鏡,ほか小物いろいろ。

c0059002_13165810.jpg
サイドポケットが小さくペットボトルは厳しいけど、小形三脚ならつけられる。
約29.2×18.3×39.6cm、内寸:約25.4×12.7×37.4cm

c0059002_13172762.jpg
ファスナーのタグにamazonのロゴ。
[PR]

by atmark-efu | 2014-02-13 13:35 | 撮影機材

ドットサイト改造

c0059002_21364914.jpg


前々から考えていたことなんだけど、ドットサイトの改造をようやく終了。ちょっとカッコ悪いけど、まぁ実用性は十分だから、いっか。

改造と言っても、要はLEDの電源(ボタン電池)にモーメンタリースイッチを付けただけ。モーメンタリーと言うのは、押してる間だけONになるスイッチ。被写体にサイトを合わせるときだけ押して、合ったらスイッチから手を離せば電源が切れる。つまり電池の消耗が少なく、スイッチの切り忘れもない。

秋葉原に行くついでがあったらこのスイッチを買おうと思っていて、実際何度も行ったんだけど、すっかり忘れてて買わなかった(^^;;

で、ジャンク箱をひっくり返して探したら1個出てきた。あんまり見てくれは良くないけどまぁ、とりあえず間に合わせってことで・・・。

※ドットサイトと言えば、オリンパスがドットサイト付きの高倍率ズームデジカメを海外で発表しました。ドットサイトという名称の認知度が低い(使ってる本人がドットサイトというのが正式名称であることを知らないことが多い)けど、これで少しは知られるようになるかな?
http://digicame-info.com/2014/01/sp-100.html

※以前、某所でドットサイトを使って鳥を撮っていたら、どこかのオヤジに「鳥にレーザー光線を当てるんじゃない!」と怒られた。野鳥の会の役員とか言ってたが、「これはLEDを使ったドットサイトというもので、レーザー光ではない。最近普通に使用されているものだ」といくら説明しても全く取り合わない。自分の無知に気づかず他人に難癖つけて、説明しても理解する能力がない。もう、ぶん殴ってやろうかと思ったよ。
[PR]

by atmark-efu | 2014-02-02 21:48 | 撮影機材

GoPro+ゴリラ

c0059002_1931531.jpg
GoProHD HERO2が入荷したので、ゴリラポッドを買いました。

ミニミニ・クイックシューがなかなかいいですね。小さすぎて、うっかりすると鼻息で吹き飛びそうですが(^^;;

GoProではまだ本格的に撮ってません。これをどう使うか・・・アイディア次第なんですけどね。考えてることは幾つかあるけど、やることが多くてなかなか実行に移せません。今度の土曜日、雨ならえのすいに行くかなぁ・・・。
[PR]

by atmark-efu | 2012-03-17 19:44 | 撮影機材

α55/35に関するメモ

c0059002_19331045.jpg
VG10に野鳥撮影用ビデオカメラとして大いに期待していたのですが、発表された内容はイマイチ。

パワーズームが使えないんなら、別にビデオカメラっぽい形にとらわれることもないよなぁ・・・だったら同じく9/10発売のαシリーズ一眼、α55/35はどうかいな・・・?てなことを考えて、いろいろ情報を検索してみました。

AV Watchでは「APS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」センサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ」となってますね。

え? 一眼「レフ」・・・か?

一眼レフってのは「一眼レフレックスファインダーカメラ」、つまり撮影用のレンズからの光を反射光学系を使用してファインダーに導くカメラなわけで、EVF(電子式ビューファイダー)を使ったら一眼「レフ」じゃないでしょ? 

だけど、いろんなところが一眼レフカメラって書いてますなぁ。

ソニー自身も当初は一眼レフカメラのカテゴリーに入れてた?みたいですね。

8月24日のニュ-スリリースでは、慎重に「レフ」という言葉を避けてますが。

いや、ま、そんなことはどうでもいいんです(^^;;

実は、EVFってのにもう本当にがっかりしたんですよ。事前の情報で新タイプはハーフミラーを使うと知って、てっきり「光学ファインダーで動画が撮れる」んだとばっかり思ってたんもんですから。う~む。

まぁ、ソニーとしてはどうしてもEVFにしたかったんでしょうね。

ミラーとかペンタプリズムとかのいわば一眼レフの心臓部は、ニコンやキヤノンなど永年カメラを作ってきたメーカーの職人芸的なノウハウが詰まっている部分ですからね。ソニーがそれらのメーカーに対抗していくには、EVF化して得意のAV機器製造のノウハウで一眼カメラを作っていくしかないのかもしれません。

ネット上にはEVFに対して肯定的な意見も少なくないですが、普段、何を撮ってるかで意見は違って来るでしょう。風景とか花とかポートレートとかならEVFで十分でしょうけどね。

私は、普段Z7Jの90万画素EVFで野鳥を撮っていて、一眼レフの光学ファインダーには全然及ばないことを痛切に感じています。結局、画素数だけじゃないんですよ。応答性とダイナミックレンジ、特にダイナミックレンジですね。この点に関しては将来的にも、光学ファインダーにはかなわないんじゃないでしょうか。

※以前、オリンパスからプリズムを使って撮像素子とファインダーに分光するタイプのカメラが何種類か出ているんですね。


α55/35のその他の性能について。

★ハーフミラー(透過型ミラー)採用による位相差AF
AFの速さ、ってのがこのカメラの売り文句の一つですね。位相差AFってのはほんとにそんなに早いの? まぁ、Z7Jは全然トロいんで、それよりは速くはなるんでしょうけど。

そんなに速いんなら、VG10にこそハーフミラーと位相差AFセンサーを積んで欲しかったですね(もちろんその場合、αマウントになりますが、別に問題ないし)。ハーフミラーで光学ファインダーと位相差AFセンサーは両立しないのかな?

あ、ソニーはハーフミラーという名称は使ってませんね。ハーフ(半分)じゃないからでしょうか?透過光70%、反射光30%だそうですからね。だとすると、いかにもソニー的拘りですね。

位相差AFの原理はニコンのサイトが分かりやすいです。

※富士フイルムでは、撮像素子の中に位相差AFセンサーを埋め込んだコンデジを売り出したんですね。「瞬速フォーカス」搭載機・FinePix

富士フイルムはせっかく優秀なレンズ製造のノウハウがあるんだから、マイクロフォーサーズ陣営に加わりませんかね?

★高速連写
もう一つの売り文句は10枚/秒の高速連写。これ、一眼レフとしたらニコン、キヤノンの高級機と並ぶ性能ですけど、冒頭にも書いたように一眼レフじゃないんだから、比較するのがおかしいんじゃないのかなぁ。一眼じゃないなら例えばカシオのハイスピードエクシリムみたいに40枚/秒なんてのもあるしね。

そもそも10枚/秒とかの高速連写って、どんな人が必要としてるのかと言うと、動きの速いスポーツ、モータースポーツ、野鳥の飛びもの・・・とかでしょ? そういう人たちは高速連写も必要だけど、光学ファインダーも必要としてると思うけどね。少なくとも江の島でハヤブサの飛びものの写真を撮ってるカメラマンたちは、EVFと知ったら言下に「使えん!」と言うでしょう。

高速連写とEVF、矛盾してると思うけどなぁ。

※余談
某所にどなたか「NEX-5は、1秒間14コマを連続撮影できるのであります」って書いてました。ビックリ!14枚/秒ってα55よりすごいじゃん!! 

いやぁ、実はこれ「連続で最大14枚まで撮れる」の間違いなんですね。・・・規格もみずに××てもね・・・って、なんだか平塚のK3みたいな書き方になってきたな(^^;;
[PR]

by atmark-efu | 2010-09-07 03:48 | 撮影機材